読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブルーカフェ

子なし専業主婦の暇つぶし日記です。

イタリア新婚旅行7泊9日にかかった費用

今年1月に新婚旅行目的(変な日本語ww)でイタリアへ行ってきました。

わたしがほぼ毎年個人でイタリアへ行っているため、新婚旅行的な気分はあまり味わえなかったですが、夫は初の欧州でお買い物に目覚めたご様子です(笑)

1月のお正月を過ぎた時期は旅費がもっとも安いので、貧乏な新婚家庭にはおススメなんです!ただしロマンチックな気分とか欧州ならではのぎらぎらした太陽とか、ハイソでセレブな雰囲気は皆無となり、どちらかというとバックパッカーみたいな雰囲気になっちゃうので、目的がゆったりのんびり素敵な新婚旅行ならやめておきましょう。

 

次は5月~6月に母とイタリア&プラハへ行く予定ですが、旅費に関しては5月、6月頃って欧州のハイシーズンなのでたぶん一番高いです。去年は7月に行きましたが、7月より現地滞在費が高いイメージ!

 

イタリアではいつも現地で仲良くなったおじさんが働くホテルに激安価格で泊めてもらいます。

 

3つ星のテルミニ駅周辺で1泊1人30€前後、2人で6泊して360€(40,000円ほど)に抑えられましたが、5月は7泊で500€(60,000円前後)とやはり割高。

 

航空券自体は土曜日発のKLMで1人10万円なので、1月の1人9万円より少し高いくらいですが、とにかく滞在費が高いですね。

 

去年の7月も航空券自体は土曜日出発でも1人11万円前後だったので、航空券はGWやお盆、年末年始以外大幅に値上がりするわけでもなさそうです。

 

ちなみに、1月のイタリア旅行の旅費は以下の通りでした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日程:7泊9日(ローマ・フィレンツェ)1€=120円で計算

・航空券:往復9万×2名分 合計18万

・ホテル代:360€+140€(フィレンツェ1泊) 合計500€(約6万)

・タクシー代:50€×2(空港への往復)合計100€(約12,000円)

・電車代:90€×2(ローマ⇔フィレンツェ)合計180€(約21,600円)

・観光費用:ローマパス36€×2+バチカン美術館16€×2、音声ガイド7€×2

ローマパスは3日間有効、地下鉄・バス・トラム乗り放題+市内の対象観光施設2ヶ所まで無料

・合計116€(120€で計算→約24,000円)

フィレンツェドゥオモなど共通券15€×2、ウフィッツィ美術館8€×2、ガイドブック12€

合計58€(60€で計算→約7,200円)

フィレンツェ観光チケット」って正式な名前忘れましたが、ドゥオモ(サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂)内部と博物館、ジョットの鐘楼、ドゥオモのクーポラ、サンジョバンニ洗礼堂の5ヶ所共通券だったと思います。

・お土産代:ストール5€×8、お菓子50€分くらい 合計100€前後(約12,000円)

・自分のお買い物:コート60€、セーター15€、セーター10€、ジーンズ60€、バッグ35€、ブーツ10€、夏物30€ etc…たぶん合計300€ぐらい(笑)→約36,000円

・夫のお買い物:財布200€、コート150€、セーター20€、セーター30€、ベルト15€×2、ジーンズ20€、ジーンズ30€ etc...たぶん合計500€ぐらい(笑)→約6万円

・ランチは平均2人で30€前後(7日分合計200€で計算→約24,000円)

・夕食は平均2人で50€前後(7日分合計350€で計算→約42,000円)

 

合計:478,800円

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2人で50万円前後の出費を想定していたので、予算内に収まり幸せ♪

 

しかも、たぶん旅にかかっている費用よりお買い物に多く使っていますね。

 

ちなみに、イタリア初めてだった夫には申し訳ないですが、昼も夜もイタリアンだと厭きるし高くなるため、ディナーはちょいちょい中華料理店にお世話になりました。

 

イタリアンだと庶民的で気安く入れるトラットリアでも、2人でワインやデザートなんぞいただくと60~70€を超えてきてしまいます。一方、中華は大量のメニューが用意されているセットを1つ頼むだけで2人ともお腹一杯、値段は20€にも満たないという貧乏旅行の強い味方なんですよ。1つのセットで、おそらく現役のスポーツ選手で丁度良い程度なのではないかと思われるほど、とにかく量が多いので普通の30代半ば夫婦だと二人で1つのセットでも充分でした。

 

1月のイタリアはSaldi(セール)時期なので服飾品を買うならベストシーズンです。

特に、日本で買うと割高になりやすいコートなどを安い金額でゲットできるところが時期的にもおススメですね。7月もセール時期ですが、1月に比べると外の気温が暑いこともあり買い物欲がそこまでそそられなかった感じです。お買い物はちょっと寒いくらいが良いですね。

 

わたしはブランド系にあまり興味がないため、そこらへんに住んでいる人が買うようなお店や屋台で大量買いします。ピアスなどの小物は100均的な感じの「1€均一」の屋台が出ているので、そこで10€分くらい一気に買いますね。金属アレルギーの問題があると難しいですが、お土産にもおススメ。あと、屋台の靴が安いわりに可愛くてヤバイです。10€で買ったのはショートブーツですが、まぁ日本で1,200円程度では絶対にお目にかかれないシャレオツな一品でございました。

 

安い服や靴はMade in P.R.C(中国製)やバングラディシュ、アフリカ製(さすが欧州)などが多いですが、10€前後でもMade in Italyを見つけることができます。わたしのセーター15€や夫のベルト8€もイタリー製。そんなイタリア生まれの安物を探すのもまた楽しいひと時です。

 

ところで、イタリアの服はとても着心地が良くて、初めてイタリアへ旅行したときにお買い物をして以来、日本でほとんど服を買えなくなってしまいました。

これは、わたしが日本人の平均身長より10cmほど背が高く、全体的に分厚い体型をしているからのようです。

イタリアでの買い物は基本的に現地の人がよく行くようなお店ばかりなので、日本人のわたしが入っていってもイタリア語で話しかけられることが多いです。ごめんイタリア語無理って英語で話してもなんだかよく分からない英語交じりのイタリア語でセールしてくる店員のおばちゃんたち。でも彼女達の仕事ってまさにプロのもので、服を着ている上(しかもダウンとか)から、わたしのサイズをほぼ言い当ててくるんです!

で、一応お世辞とか言ってくれるんですよね、すごく乗せ上手です、イタリアのおばちゃん。わたしがジーンズ履くと「裾そのままでいけるね、足長いウラヤマ」みたいな台詞を吐き、わたしが調子に乗っていると「ちょっとそのまま待ってて」と言い残しておばちゃんどこかへ行ってしまいます。

しばらくして戻ってくると、その手にはコートやらバッグやらセーターやらが。

「これは、これとこれとこれに合わせたら超格好良いの!ほかにもこんなのもおススメよ」

わたしはマネキン状態(笑)

いろいろ着させてくれても、結局買いたいのがジーンズだけなら「ごめんね」って言えば快く断らせてくれるんだけど、これがまたイタリアのおばちゃんが持ってくる服のセンスって良すぎて、わたしはついつい全部欲しくなっちゃうわけ。そして散財。

でも、イタリアで買ってきた服で着なかったものは1枚もないし、気に入って何年もずーっと着回しているから、本当に良いお買い物をしているんだろうな、とは思います。

 

そんなわたしのお買い物の楽しみ方を夫にも押し付けてみたのですが(笑)

ちょうど、夫も平均身長+15cm前後とそれなりの長身なので、安いイタリアの服をさっと着てすぐに購入ってことが出来たんですね。

夫もわたしと同じで、日本の服だと裾が短い、腕が短い、と事件が多発してしまっていたので、イタリアでは自分にピッタリのサイズがたくさんある!と興奮し、お買い物に目覚めたわけです。

 

イタリア人向けの洋服って、身長はそれほど高くなく、細身かつ足もそんなに長くないので平均身長+5cm前後以上の日本人(女性なら162cm以上、男性なら175cm以上くらいかな)なら、あまりお直しすることなく選びやすいのではないかと思います。

 

イタリアはやっぱり安心して旅ができるし、歴史を感じて美術や建築に心打たれ、グルメを満喫したうえにオシャレまで楽しめる最高の海外旅行先です。

 

新婚二人で一生の思い出を作るなら、ツアーじゃなくて失敗も含めて個人旅行のほうが思い出が多くなること間違いなしですよ♪