読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブルーカフェ

子なし専業主婦の暇つぶし日記です。

イタリアのワンコちゃん

イタリアをはじめとする欧州各国は、日本に比べてワンコにとって天国みたいな環境にあります。

 

イタリアのお隣、ドイツでは犬を飼うのに税金が必要=育てるだけの経済力や家庭環境が整っていなくてはならないようなお国柄で、その代わり飼育されているワンコは日本よりのびのび自由に生活しているように見受けられます。

 

イタリアはドイツほどではありませんが、公共交通機関や店内に犬と一緒に入れる場所が多く、散歩中のノーリードも当たり前のように見かけます。そのぶん、ワンコの躾も行き届いていて、うるさく吠えたり突っ走っていくようなコはまったく見かけません。

 

f:id:march0303mary:20170120180320j:image

 

街角でお座りして飼い主を待つ2頭のワンコもノーリードでした。大型犬なのに笑

 

現地の人に聞くと、フランスやイタリア、ドイツでは家を借りるときに「ペット可かどうか」いちいち確認しなくてもOKのところが当たり前なんだとか。

 

まぁ、日本よりやたら古い家も多いので余計なのかも知れませんが…。

 

イタリアのペットショップには、ほとんど生体がいません。子犬や子猫などを飼うときはブリーダーさんから購入したり、ペットショップのカタログから選ぶ(不思議な感じ)そうです。

また、日本の保健所的な施設から引き取る人も多く、日本のように純血の小型犬を連れて歩いている人より、雑種でけして綺麗なコではないようなワンコを飼っている人が多い印象です。

見た目はボサッとしているけど幸せそうなワンコが多いのも特徴的w

 

飼いきれなくなった場合、保健所のようなところに持ち込むのは日本と同じですが、イタリアなどではシェルターと呼ばれるこの施設、殺処分がないので引き取り手がいない場合もシェルターで犬生をしっかり全うできるそうです。

 

ペットショップの在り方や殺処分の有無など、まだまだ日本は世界的に「ペット後進国」と呼ばれても仕方ない状況にあるな、と実感させられます。

 

さて、そんなイタリアでは、前述したように血統書付きの純血ワンコに会える確率はとっても低いんですよね。だいたい、パッと見て犬種が予想できるのはシェパードなどの大型犬。トイプードルやMダックス、チワワなど日本で見かける大人気の小型犬はほとんど見かけません。小型犬自体はイタリアでも人気があるようですが、純血っ子が飼えるのはセレブなのかも。

日本ではあまり見かけない、モップみたいなヘアスタイル(?)のワンコはちょこちょこ歩いています。あと、小型犬ではお国柄なのか『イタリアン・グレーハウンド』をよく見かけた気がします。

 

毛色や見た目のスタイリッシュな雰囲気は、ただの犬の散歩でもやたらオシャレに見えるイタリア人とイタリアの街によく似合っていると思いました。

 

旅の途中で、イタリアの街並みにはなんとなく似合わない(残念だけどw)まさかのコーギーちゃんを発見!7度訪れたイタリアの街で初めての出会いです。コーギーって日本ではそれなりに知名度高いけど、英国に近いイタリアではほとんど飼っている人がいない希少犬種なのだそうです。

 

嬉しくなって思わず飼い主のおばあちゃんに話しかけてしまいました。

 

f:id:march0303mary:20170120175759j:image

 

このコーギーちゃんは女の子でミミちゃん、7歳。コロコロしていて、とっても大人しくうちのコーギーとは大違い!とカタコトの英語で会話をしつつ、二人で大笑いしました。

 

おばあちゃんとコーギーちゃん、ゆっくりとした足取りで石畳の街を歩いています。

 

歴史豊かなオシャレな国で育ったコーギーちゃんは、日本のコーギーちゃんよりも落ち着いている様子が新鮮でした。

 

コーギーはサイズのわりに運動量が多く、食い意地が張っているのでお散歩時間が長くないとストレス溜まって無駄吠えしたり、太ってしまうんですよね。

 

日本では、仕事もあってなかなか散歩に長時間割けないわたしですが、この機にもう一度しっかり愛犬と向き合おうと心に決めた次第です。

 

f:id:march0303mary:20170120181810j:image

 

…って、なんか散歩のとき以外、ストーブの前から全く動かないんですけど。

 

大丈夫なの?笑